青果物健康推進協会の設立趣旨協会の目的と特色各部会の活動内容
協会の組織図会長・理事について協会の活動報告

日本は世界一の長寿国と言われてきましたが、これはいわゆる日本型食生活の良さに起因しているものと思われます。日本型食生活は日本の気候風土に適した米を中心に農産物、畜産物、水産物等多様な副食から構成され、栄養バランスが優れた食生活と考えられています。

しかしながら、我が国では、近年、社会経済・構造がめまぐるしく変化する中で、私たちの食生活も大きく変化し、栄養バランスの崩れ、脂質の過剰摂取や野菜の摂取不足等により各種の問題が指摘されるようになりました。また、これらに起因して、中高年男性を中心とした肥満や心臓病、脳卒中、糖尿病、がん等の生活習慣病が増加傾向にあり、若年化しているのが現状です。そして、現在、日本人の死因の6割がこのような生活習慣病に起因するものだと言われています。

こうした問題を解決するため、平成12年に当時の文部省、厚生省、農林水産省によって「食生活指針」が作成され、これを普及すべき閣議決定され実施されてきたところですが、食の安全確保の問題並びに食料の安全保障の問題も含め、平成17年6月に「食育基本法」が制定され、「食生活指針」をより具体的、実践的に利用できるようにするため、同年7月「食事バランスガイド」が作成され、副菜としての野菜・果物摂取の必要性が織り込まれ、これが普及・啓発をしているところであります。また、同法に基づき、食育の推進に関する施策の総合的かつ計画的な推進を図るため、平成18年3月に「食育推進基本計画」が策定されました。                          

一方、諸外国においても1968年にスウェーデンに始まり現在約70ヵ国を超える国々で、それぞれの国の立場で食生活指針が作られ、自国民の食生活について改善を図るための施策を展開しているところであります。
特に、アメリカにおいては、年々深刻になる成人病問題に対処すべく、米農務省が作成している「フード・ピラミッド」を2005年に新しくし[より多くの野菜、果実、全粒粉を食べ塩分摂取量をより少なくし定期的に身体を動かすように]を推奨しています。      
また、オンラインシステムを導入して「マイ・ピラミッド」と呼ばれる新しいプログラムが、各方面で話題を呼んでいます。このような中にあって、本法人は、健全な食生活を実践するため、食育の普及・啓発を推進してまいります。

更に、副菜としての野菜・果物については、、ビタミンや鉄などが多く含まれ、私たちの体に必要な微量栄養素の供給源として大きなウエイトを占めています。最近では、野菜・果物に含まれる成分の中に、がん予防や血中コレストロールを下げる機能があることが明らかにされています。野菜・果物の生活習慣病予防効果は、単独の成分のみの作用ではなく、野菜・果物そのものに含まれる様々な成分の複合的な作用だと言われています。                                  

この様なことから日本では、健康を維持するために必要な野菜と果物の摂取基準を定め、摂取目標量を野菜の場合「一日5皿分以上(350g以上)」・果物については「一日200g以上」と定めております。これを毎日の生活の中で実践する方法を「ベジフルセブン」と言います。
しかし、日本人の1人当たり野菜消費量は、近年減少しており、特に若年層を中心に摂取目標量を大きく下回っている状況です。野菜消費量は1990年代後半には米国にも追い抜かれ、他のヨーロッパ諸国と比較しても低い水準になっています。

このような中にあって、本法人は、一般市民を対象に、子供から大人まで、すべての世代が野菜に接する様々な機会を活用した摂取拡大活動や産地側からの消費拡大に向けた取組み及び野菜・果物のすぐれた栄養・機能性成分等情報の提供など、食育と連携し、国、地方公共団体及び関係団体、医学界・栄養学会等との連絡を図りつつ、「べジフルセブン」という全国統一キャッチフレーズのもと活動していきたいと考えております。

具体的な活動の第1は、食育について、広く一般市民に対して普及・啓発活動を展開してまいります。第2は、活字媒体、メディアなどのほか全国各地において開催されるフォーラムやイベントなどを通して、野菜、果物が健康維持に欠かせないことなどを普及・啓発し、摂取拡大につなげる活動をしてまいります。第3は、健康を維持するために必要な野菜と果物の摂取基準である「べジフルセブン」という全国統一キャッチフレーズの普及・啓発により、広く一般市民を対象に、野菜・果物の摂取の大切さを呼びかける栄養・機能性成分等の情報提供活動をしてまいります。第4は、野菜、果物の摂取の普及・啓発、栄養・機能性成分等の情報提供を推進するための人材を育成し、地域に密着して活動できるオピニオンリーダーの養成を図ります。
      
上記のとおり、本法人は、食育の普及・啓発を推進すると共に、野菜、果物の摂取拡大を図るための活動及び栄養・機能性成分等の情報提供活動を図るための活動を通して一般市民の健康維持と豊かな食生活の実現に向け、一般市民の視点に立って、様々な関係団体等と横断的な連携を図りながら、一体的によりわかり易い情報の提供を構築し、野菜、果物の普及・啓発活動等を通して、社会貢献を果たそうとするものであり、営利を目的するものではないため、社会貢献や公益性を重視する特定非営利活動法人が望ましい形態であると考え設立に至りました。
  
もって、特定非営利活動法人青果物健康推進協会を設立します。

青果物健康推進協会は、『青果物およびその加工物の摂取を通じ、生活者の健康維持・増進に寄与すること』また『青果物の情報発信を通じ、生活者の豊かな食生活の実現に寄与すること』を目的とした初の全国組織です。
青果物健康推進協会は、生産、卸、市場、流通という「業界の枠組み」や「企業間競争」を超えた日本で初めての非営利団体であり、NPO法人を目指す団体です。
運動の先進国であるアメリカのカリフォルニア州保険局や国立ガン研究所をはじめとした、国内外の医療機関・大学・研究機関、また農林水産省などの官庁との連携により、生活者に実りある活動を展開いたします。
青果物健康推進協会の業務は、下記の6部会により運営されています。

野菜等健康食生活協議会などの公的機関、大学および研究機関・団体と連携し、日本の食文化に合った食生活プログラム「ベジフルセブン」の開発、研究を行います。

女子栄養大学・生涯教育認定講師およびベジタブル&フルーツマイスターの協力を得て、全国の小学校などで研究成果に基づいた食育活動を展開します。

研究部会の開発するプログラムに沿って、加工食品の栄養評価点数「ベジフルスコア」を算出し、発表します。

研究部会の開発するプログラムに沿って、青果物および調理品の栄養評価点数「ベジフルスコア」を算出し、発表します。

プログラム活動、セミナー活動の広報を担当します。生活者の食生活の充実を図ると同時に、「ベジフルセブン」の認知度向上も実現します。

米国機関PBH(青果物健康推進財団)と提携し、協会の活動を世界へと連動させる役割を担います。
国際セミナー、シンポジウムへの参加、先進事例の視察などを行い、協会の活動に積極的な提言を行います。

※農水省の補助対象事業
青果物健康推進協会は、農林水産省から野菜消費構造改革対策事業を推進する団体として認められています。
このたび、青果物健康推進協会の会長という大役を私がお引き受けしましたのは、21世紀の日本人の食生活と健康を憂えてのことです。美しい自然と豊かな水に恵まれたわが国では、四季折々、旬の野菜や果物が食卓に微妙な季節の移ろいを感じさせてくれます。さらに北には流氷が見られる北海道から南は珊瑚礁が美しい沖縄まで、細長い地形のおかげで、野菜や果物の種類は多く郷土料理も多様です。

ご存知のように、現在、日本は男女ともに世界一の長寿国となりました。 さらに、自分のことは自分でできる状態で天寿を全うする健康長寿でも世界一で、日本人の食生活が世界各国から注目されています。

ところが昨今若い世代を中心に食生活の乱れが問題になっています。厚生労働省が平成14年に発表した国民栄養調査では、一人一人の平均摂取量は、野菜が約279g、果物が約132gと健康を維持するための目標値を大きく下回っています。一方で糖尿病をはじめとする生活習慣病の発生が低年齢化し、増加することが心配されています。満79歳の私が現役で「おいしく食べて健康長生き」をモットーに全国各地を講演して歩けるのも、野菜や果物を毎日しっかり食べているからです。先人の知恵を生かした伝統がある野菜や果物の重要性を伝え、健康で活力ある21世紀をめざして、この会の発展に貢献したいと存じます。
平成25年理事会名簿
  社名・団体名 所属役職 氏名
理事長 財団法人食品流通構造改善促進機構 会長 馬場久萬男
理事 株式会社オフィスベジフル 代表取締役 近藤卓志
理事 株式会社イトーヨーカ堂 青果部SMD 恵本芳尚
理事 株式会社サカタのタネ 取締役国内卸売営業本部長 内山理勝
理事 株式会社サングローブフード 代表取締役 安斎良邦
理事 一般社団法人食の検定協会 理事長 内田啓祐
理事 社団法人全国中央市場青果卸売協会 常務理事 倉林輝雄
理事 全国農業協同組合連合会 園芸総合対策部次長 榎本庄吾
理事 デリア食品株式会社 生産本部次長 藤本幸佳
理事 東果大阪株式会社 ITマーケティンググループ
プロジェクトリーダー
新開茂樹
理事 東京青果株式会社 取締役野菜第4事業部部長 山田光男
理事 株式会社マルエツ 商品本部青果部長 加藤知之
理事 株式会社リナーシェ モデル・VFT 長谷川理恵
理事 ワールド・グロワーズ・クラブ 代表 岡添裕章
監事     木元亜矢子
顧問     渡邉文雄
顧問     宮島則子
青果物健康推進協会 決起集会を2月4日に開催しました。【2003年2月4日】
青果物健康推進協会の推奨する野菜70g、果物100gの量の見本(リーフレット)
青果物健康推進協会の2003年2月活動報告【2002年3月4日】
2003年6月分国際業務レポート
2003年6月国際業務レポート1
2003年6月国際業務レポート2
2003年6月国際業務レポート3
2003年7月分国際業務レポート
2003年7月国際業務レポート1
2003年7月国際業務レポート2
2003年8月分国際業務レポート
2003年8月国際業務レポート1
2003年8月国際業務レポート2
2003年8月国際業務レポート3
2003年9月分国際業務レポート
2003年9月国際業務レポート1
2003年9月国際業務レポート2
2003年10月分国際業務レポート
2003年10月国際業務レポート1
2003年10月国際業務レポート2
2007年食育出前授業に関する報告書
平成19年度食育出前授業報告書
2008年食育出前授業に関する報告書
平成20年度食育出前授業報告書
2009年 夏休み自由研究「国産野菜」メニューコンテスト
コンテスト概要
応募用紙
PDFファイルをオンラインで開くにはPDF プラグインが必要です
特定非営利活動法人 青果物健康推進協会 〒150-0043渋谷区道玄坂1-15-3 プリメーラ道玄坂620 Tel:03-3770-3701 Fax:03-3770-3729
All Rights Reserved, Copyright(c) 2004-2015, Japan Produce Alliance for Better Health